骨格の歪みがスタイルを悪くする?

同じ身長、体重、3サイズであっても
スタイルは良く見える人もいれば
そうでない人もいます。

その理由は
骨格のゆがみ方が人によって違うからです。

こんな経験はないでしょうか?

  • 内股で座るくせがある
  • 立っている時に常につま先が内側を向いている
  • 膝が常に曲がって立っている
  • デスクワークやスマホの見すぎで、顔が前に出ている
  • いつの間にか猫背になっていることが多い
  • 歩き方が「変」と言われる
  • 段差が無いところでもつまづいてしまう

など、これらは全て骨格の歪みが原因の一つです。

骨格のゆがみは一人ひとりの
長年の生活習慣の積み重ねの結果なのです。

骨の長さを変えることはできなくても、
関節の位置関係は変えることができます。

そのために必要なのは、
ただ頑張るだけのランニングでも、
ただ重たいものを持ち上げる筋トレでもありません

関節を理想的に位置に戻すトレーニングです。

1435195422

関節の位置が理想的でないと

  • 太ももだけが常にパンパン
  • ふくらはぎが外に飛び出している
  • お尻の筋肉が使えずにヒップが下がる
  • 二の腕が太くなる
  • 内ももが年齢とともにプヨプヨに垂れ下がる

といった外見上の悩みにつながります。

写真は膝回りの歪みを改善した例です。
膝上のふくらみが少し減り、
膝が伸ばしやすくなっています。

膝のズレ2

骨格の歪みを正していくことで、
あなたが本来持っているキレイなプロポーションの土台を
作り上げていきます。

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。