顎関節症をストレッチで改善

最近会社の仕事で「ペアストレッチ」を売り出しています。
トレーナー(僕一人ですけど)が会員さんにストレッチをかけてあげるもので、イメージとしてはクイック整体に近いですね。

15分と短時間のサービスなので、部分的な調整になってしまいますが、それまで整体やマッサージの類を受けたことがない人が大半だったので、効果に驚いていました。

中でも「顎関節症」が改善された方は特に大喜び!

でも何か特別なことをしたわけではなく、脚の長さを揃えて肩甲骨回りをほぐしただけです。

特に女性に多いのが肩凝りなのですが、首や肩は立った状態で地面からの距離が遠いため、下半身の歪みの影響が出やすい所です。

また呼吸の浅さや脳が感じるストレスの影響も受けやすい所です。

「ウェルアシスト」では30分の枠を全てペアストレッチに充ている場合もあり、ラスト5分で加圧をかけて血行をよくして仕上げることがあります。

体調管理にもストレッチは有効です!というお話しでした!

コメントは受け付けていません。