スクワットで胴体を引き締める

ウエストを引き締めようと思うと、どうしてもお腹の筋肉に注目が行きますが、実は背筋や肩甲骨周りの動きも同じくらい重要です。

「スクワット」

というと、下半身のトレーニングとして知られています。

加圧トレーニングや自分の体重を利用したスクワットなどでも「太ももやお尻を鍛える運動」として代表的です。

じゃあ脚が太くなるだけで、ダイエットやシェイプアップには向いてないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

脚のトレーニングだと思ってやるから、脚にしか効かないだけです。

この思い込みは、クライアントにあるだけでなく、トレーニングを教える側にもあるように思います。

実際のトレーニング現場のスクワットは、重たいバーベルなどを担いで行うトレーニングです。ほぼ全身を使います。

さすがに腕の筋肉は使いませんが、脊柱のS字カーブを保つ能力、骨盤の動き、肩甲骨の動きに関わる筋肉、呼吸に必要な筋肉まで影響を与えるとても効果が高いトレーニングです。

このように効果が高い反面、完璧なフォームを身につけることがとても難しいトレーニングでもあります。

なぜかというと、関節の動きや、身長など、個人差を考慮すると正しいフォームというのを一枚の絵で表すことは非常に難しいからです。

それでも、骨盤の位置や脊柱のS字カーブのコントロールに必要な体幹(胴体部分)の働きを活発にすると、確実にウエストはスッキリするし、姿勢もよくなって上半身も逆三角形に近づくのでシェイプアップの効果はあります。

もも上げや、内ももを鍛えるトレーニングでも、その一部分を取り出して行うトレーニングを否定するわけではありません。でも体幹部の意識の働かせ方や、全身の動きにつなげることまで考えてやらないと思ったような成果は出ません。

僕のトレーニング指導ではバーベルや重たい物を持つことはありませんが、単に脚のトレーニングですよ、と教えることはありません。効いた~って感じがするのは背中やお尻です。

ストレッチやピラティスなどで柔軟性を高めれば、もっと効果の高いスクワットが出来ると思います。

ご質問、体験トレーニングはコチラのフォームより受付中

トレーニング料金表

お申し込み~トレーニングの流れについて

TEL 090-3939-4897

名古屋市千種区・今池ダイエット専門加圧・ピラティスジム「ウェルアシスト」へのアクセス

トレーナー佐藤伸哉はこういう人です!

コメントは受け付けていません。