下半身ダイエットで失敗しないため知るべきことは?

名古屋のパーソナルトレーナー佐藤伸哉です。

三寒四温な日々が続いております!
そんな中でも睡眠をしっかりととれば
大きく体調は崩さずに過ごせます。

真面目な人ほど要注意ですね!

さて、下半身を細くしたいと言うのは
多くの女性の希望です。

ですが、様々な努力をしても
思ったほど効果が無い人
効果が出るまで続かない人
むしろ逆効果になってしまう人

・・・と、なってしまう人がほとんどです。

 

「痩せる」「体重を落とす」だけではあなたの悩みは解決しない!

aa67c2220f6e8d1698a39bd2e0bf6169_s

言葉は「下半身をスッキリさせたい」でも、

  • お腹から下全体
  • 広がったお尻
  • 太ももの張り出し
  • 膝上のたるみ
  • ふくらはぎを細くしたい
  • 足首が見えるようになりたい

など気になる場所は違いますね。

全部!!

という方もちらほらいらっしゃいますが(笑)

それらが全て「痩せる」「体重を減らす」だけで
解決できるとは限らないのです。

いずれにせよ、自分の身体に合わせた計画が必要となります。

 

まずは現状を把握しましょう!

原因を大きく分類すると

  1. 体脂肪が多い

  2. 骨格が歪んでいる

  3. むくみが多い

の3つのうち、どれが悩みの原因となっているかを
しっかりと把握する必要があります。

一つだけが下半身太りの原因ではないことも多く、
3つとも同時に改善を行なうことも少なくありません。

良くある失敗例としては
骨格が歪んでいる状態でやせた結果、
太ももの太さやヒップの形は変わらない。

と言う例です。

これは、主に食事制限に加え、整体やマッサージなど
自分で体を動かすことなく
下半身太りを改善しようとした場合に起こります。

 

骨格の歪み改善は運動が必須!!

勘違いして欲しくないのは、運動が必要だからといって
ムキムキになるような筋トレが必要という訳ではないことです。

例えば、お尻が横に広く、下がってしまうのは
お尻を締める筋力が足りないからなのです。

この筋肉はいくら鍛えても股関節のインナーマッスルなので
ムキムキになって目立つことがありません。

梨状筋

そんなに運動をしていないのに、太ももが太いとしたら、
このお尻の筋肉が弱っているせいで
太ももが頑張らないと、まともに歩けないことも考えられます。

こういう場合は筋肉太りや、むくみにもつながってしまうのです。

いかがだったでしょうか?

いくら頑張っても結果が出ないのなら、
是非、一度自分の下半身ダイエットには何が必要なのか?を
見直してみましょう!!


問い合わせフォーム

コメントは受け付けていません。