美容と健康と両立する下半身ダイエットのポイントは?

私のお客様には生まれつきの変形が原因で
「人工股関節」に入れ替える手術を両足共に行った女性がいます。

t - Edited

今でこそ、写真のように片足でしっかりと負荷をかけて
お尻の筋肉を使えるようになりましたが、
最初は自分の体を動かすだけでも精一杯でした。

少しO脚も無くなって来ましたしね。

行ったトレーニングは
体幹を安定させてお尻の筋肉をしっかりと鍛える。

実はこれ、脚が太くなってしまう原因と
反対のことをやっています。

体に掛ける負荷は最小限からで構わない

トレーニングで成果を出すには
筋肉や骨にある程度の負荷をかけることが必要です。

重たいものを持ち上げる筋トレは
もちろんやれた方が良い。

ですが普段のあなたの体が
お尻の筋力<太ももの筋力だとしたら、
行うべき努力の方向性を見直していく必要があるのです。

「努力は裏切らない」と言いますが
トレーニングやスポーツに関しては

「理にかなった努力」でないと
ケガや時間の浪費という結果で裏切られます。

ただ、失敗してしまう多くの場合は
「理にかなっているかどうかがわからない」
というだけで本人に罪はありません。

下半身をスッキリさせるにしても同じです。

もう経験済みかもしれませんが、
食事制限をし、
ランニングをしたとしても
なかなか変化を感じづらいでしょう。

体幹を安定させてお尻の筋肉をしっかりと鍛えないと、
太ももの外側がメインエンジンとなって働きます。

太ももの筋肉はとても強く、
そのおかげで多少の歪みなど補ってしまえます。

姿勢が悪くても、足が速い人は速いし元気な人は元気です。

ただし、その強力さ故に筋肉は骨を引っ張り、
本来あるべき関節の位置からずれてしまいます。

これがいわゆる「関節の歪み」ですね。

自分の関節の歪みを知らずに努力を重ねても、
結局脚が太くなったように感じ、

「私は何をしてもダメなの!」

と思いこんでしまうとしたら、
こんな不幸なことはありません。

 

美容と健康は両立できる

このように、
「理にかなった動き=歪みを最小限にした動き」
とも言えます。

歪みが少ない体は美しいですし、
ケガをしないことは健康づくりの最低条件です。

その為には自分の体と向き合い、
何が自分にとって必要な努力なのか?
を知っていくことがスタートラインとなるでしょう。

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。