むくみ対策で行いたい、足指の運動ができない本当の理由は?

名古屋のパーソナルトレーナー佐藤伸哉です。

最近の問い合わせで3件続いたことが「足のむくみ」です。

どれだけ上半身が細身でも、
こう言った悩みと共にお尻の大きさなどが
コンプレックスな人ばかりでした。

で、足のむくみが気になる人は
結構な割合でふくらはぎの太さや、足首の太さに悩んでいます。

そういう人たちには食生活や立ち仕事なのかも聞きますが、

「足の指がちゃんと意識的に動くか」
をチェックしています。

 

足裏BA

足の指が動かないということは、ふくらはぎのインナーマッスルが動かないということです。

そのためふくらはぎの血管が押さえつけられてしまいます。

では、ただひたすら足指のグーパーを頑張れば良いのかというと、
その前には大きな課題があります。

それは「どれだけ頑張っても足の裏に全く意識が行かない」
という厄介な状態も多くみられることです

足の裏よりも、足先が突っ張るだけなら皮膚がへばりついている!!

足指でグーをつくろうにも、
「どうやって力を入れて良いかわからない」
「指先がつる、痛くなってしまう」
と言うのなら、先に見るべきは足の皮膚の柔らかさです。

皮膚の下がガチガチに固まっていると
その下にある筋肉や骨とへばりついて動かしづらくなります。

foto-da-fascia

 

A PEÇA QUE FALTAVA

皮膚と筋肉の間は本来スムーズに滑るものなのです。

滑らない状態は、例えるなら
硬いゴム手袋を何枚も重ねた状態で
指先がこわばってしまうのと同じです。

なので、まずは皮膚の下をスムーズに動かすことが近道となります。

筋膜リリースとは違います!!

だからと言って、今はやりの筋膜リリースみたいに
テニスボールなどでガリガリやるのは
皮膚の下にある血管や神経を傷つける危険性からオススメしません。

以前は私もテニスボールなどを使っていましたが、
今はかなり限定的に使用しています。

ちゃんとした指導があって行うならまだしも、
自己流でやると
「痛ければ痛いほど効果的!」と思うこともしばしば。

最悪、しびれやアザの原因にもなったりしますからね。

足のむくみや、ふくらはぎの疲れが気になる方は、
是非一度ご相談ください。

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。