「ダイエット=食べない」は大間違いです!

名古屋で下半身ダイエット特化の
パーソナルトレーナーをしている佐藤です。

 

体重が減らない、体を細くしたいとなると
食べないことが有効だと考えてしまう人は
とても多いと思います。

2fb5dc946c7935e546d81fbc2a580617_s

確かに、食べなければ体重は減ります。

しかし、それを一生続けるわけにもいかないはずです。

今回はダイエットについての基本的な知識を改めてお話します。

 

語源より:ダイエット・・・生活様式であって絶食ではない

ダイエットという言葉は、元々はギリシャ語の「diata」という言葉で
「生活様式」を示すものです。

ダイエットは、英語「diet」に由来する。 英語の「diet」は、「生活様式」を意味するギリシャ語「diata」から、「日常の食べ物」という意味に転じた言葉である。 そこから、「代謝異常」「消化器系内臓疾患」「肥満」などに対する、「食事療法」や「治療法」といった意味を持つようになった。 日本では「食事療法」といった意味も忘れられ、「減量」や「痩身」の意味として使われることが多くなった。
ダイエット語源由来辞典より引用

このように、ダイエットは生活習慣や食事療法のことであって、
減量という意味では無いのです。

ちなみに、減量は英語ではウェイトロス(weight loss)という言い方が一般的です。

このように、ダイエットにおいて食事は一部分でしかないのです。

何故体重を落とすために絶食をしてはいけないか

体重が落ちないと、
「食事を抜くしか無いのかな・・・」
と精神的に追い込まれてしまうことがあります。

 

食べずに過ごしていると、イライラしますし、
仕事の能率もまず上がらないでしょう。

このイライラが最大の問題です。

イライラが募って、爆発して食べることもあるでしょうし、
少しくらい・・・とちょこちょこ食べて結果としてたくさん食べてしまうことも
あるのです。

手軽に食べれるものと言えば、菓子パンやら、アイスやら、
お菓子やジャンクフードなど・・・。

余計なものを食べないために、しっかりと食べる!

でも、よく周りを見てみると、
ちゃんと食べていても太っていない人もいます。

こういう人たちは食事はちゃんと食べるけど、
お菓子やジャンクフードと言った
余計な食べ物を食べていないのです。

我慢をしているわけではないので、
爆発的にたくさん食べることもありません。

間食がやめられないというなら、
ご飯も、おかずも、野菜もしっかりと食べてみましょう。

そうすれば、お菓子やチョコレートが入るスキなんてありません。

「食べない=ダイエット」
という思い込みは、今すぐ外してくださいね!!


名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

平日午前、午後の指導枠が2枠空きました!

平日夜、土曜の指導枠は満席です。

上記に時間帯にトレーニングをご希望の場合は
【順番待ち】
とさせていただいております。

 

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。