人工股関節のリハビリも美脚づくりも基本は同じ

昨日のことですが、人工股関節の手術を終えた男性が
お客様の紹介で当店に来られました。

20分くらいのカウンセリングの後、
15分程度のトレーニングで

「太ももがいつもよりも上がりやすい」
「片足立ちでグラグラしなくなった!」

という変化を感じていただけました。

意外に思われましたか?

 

普通は「人工股関節のリハビリ」と
「下半身ダイエット」って全く別の内容で
トレーニングが進んでいくと思うかもしれませんね。

実は基本的な流れは共通点が多いのです。

ちなみに、人工股関節はこんな形で
完全に入れ替えるのが一般的です。

画像引用 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hip_replacement_Image_3684-PH.jpg?uselang=ja

お尻から切って筋肉も切って手術をするのか
太もも付け根の外から切って、筋肉を切らずに手術をするのかで
リハビリでやってはいけないことは変わります。

そこは医師に確認を取るのが必須です。

話は戻って、下半身ダイエットと人工股関節の両方に共通な順序として

  1. 皮膚と、筋肉、神経、血管などの間にある
    「へばりつき」を解消して動きをスムーズにする
  2. スムーズになった段階で
    関節を理想的な位置に定着させるトレーニングを行う

という流れで進むことが多いです。

O脚も、太ももが異常に太いのも、股関節痛も、
股関節や骨盤周りの動きが
理想的でないという部分では共通だからです。

また、人工股関節のような外科手術の方が
「へばりつき」を無くすことは重要でしょう。

私も鎖骨の手術後に可動域が思うように戻らずに
一時は苦労しましたから・・・。

もしあなたが体重はそれほど多くないのに、
「O脚でしかも膝も痛い・・・」
というようであれば

これらがパーソナルトレーニングで
一度に解決できるかもしれません。

現代人はたとえ若くても運動不足な人は多いですから、
歪みも定着しやすいと個人的には感じています。


名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

平日夜、土曜の指導枠は満席です。

上記に時間帯にトレーニングをご希望の場合は
【順番待ち】
とさせていただいております。

 

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。