足の指を横に開く力が、下半身ダイエットに重要だというお話し

名古屋栄の下半身ダイエットパーソナルトレーナーの佐藤です。

今回ご紹介する改善例は「姿勢の変化」。

姿勢の変化は下半身ダイエットやO脚の改善の為にも重要なのですが、それを支えるのが「足の指」をしっかり使えるようになること。

という訳でまずは足の指のお話しから。

写真はすね毛が生えているので男性です。とある友人トレーナーのI氏のです(笑)

この写真では、小指を横に開こうにも、力が上手く入らない状態だったBeforeを、3分程度いじらせてもらったらAfterのように横に開けられるまでにしたものです。

小指側に力が入らないと土踏まず(足のアーチ)がつぶれてしまい、様々な問題の一因となります。

ざっと挙げるだけでも

  • O脚、膝下O脚
  • 外反拇趾、内反小趾
  • 膝、股関節痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • ストレートネック

などなど・・・。

何故そんなに様々な影響が出るかと言うと、重力の影響が大きいのです。

全身の筋力が働かないと、人間は潰れてしまう

人間は直立二足歩行が基本のつくりとしてある為、重力の影響を垂直に受けやすいのです。

そのため筋肉がちゃんと働かないとお腹が前に出っ張ったり、猫背になったり、土踏まずがつぶれたりと見た目がよろしくありません。

これは「筋力で支えるというよりも骨と骨がぶつかって結果的に立てている」状態になります。

例えば土踏まずがないと、つま先に体重がかかりっぱなしになることがよくあります。

そうするとお腹が胸よりも前に出てしまって、腰痛の原因になったりします。
しかもこの姿勢は太ももの筋力に頼りっぱなしで立つ癖がつくので、

「上半身は痩せているのに、太ももが太いのが悩み」

という状態になりやすいのです。

Afterで改善されていますが、Beforeでは土踏まずが完全につぶれてしまい、膝下O脚になってしまっています。

理想的とされる姿勢は垂直に一直線

ちなみに、理想的とされる姿勢は、横から見てくるぶし、膝横、腰の真ん中、肩、耳が垂直の一直線上になった状態とされています。
正直なところ、最初から理想的な姿勢な人はいませんから、難くせをつけて「あなた姿勢が悪いですね!」なんていうことも可能です。私はやりませんけど。

鏡などを見ながら無理やり良い姿勢を作ることもできますが、かなり窮屈で苦しいです。
ハッキリ言って不自然極まりないので、トレーニングや動きの練習を積み重ねることで出来る限り楽に良い姿勢を取れるようにしていきます。

足の指がちゃんと働けば、体重をややカカト寄りに移すようにしてもバランスが崩れることはありませんし、良い姿勢を保つこと自体が苦しくなくなります。

ブーツやぶ厚い靴下で足の指はどんどん退化していきやすいものです。

足の指が横に開かなくなるのはかなり多くの人に見られますから、足指でもしっかりとじゃんけんが出来るくらいにはなって欲しいと思います。


名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

体験のお問合せはこちら→

 

 

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。