下半身の太さの悩みは、自分では気がつかない「太ももの使い過ぎ」が原因

名古屋の下半身ダイエット専門トレーナーの佐藤です

太ももが太いのが悩みであれば、同時にお尻が下がっているのも悩んでいる人が多いです。

そういう場合は、お尻のトレーニングが欠かせません。

ちゃんとトレーニングが出来れば、2ヶ月でこれくらいの変化は出せます。

ですが・・・。

体幹の筋力が弱いと、お尻が正しく動かせない

実はそんな現象が起こります。

骨盤と背骨を筋力でしっかり固定できないと、太ももの筋肉で何とか動かそうとするのが主な理由です。

やってみて欲しいのが、この体勢を取った際に、お尻を使っている感覚があるかないか。
無理なら片足を上げるだけでもOKです。

太ももの裏や、膝裏、腰が疲れてくるなら、体幹を固定する筋力が弱いか、前ももの筋肉がガチガチになっている可能性があります。

ちなみに、体幹というのは腰の筋肉も含めて体幹です。

腹筋運動だけでは本当の意味で体幹は鍛えられません。

何故そうなってしまうかは、過去のスポーツ歴や普段の姿勢の影響が大きいですね。
歩けば歩くほど太ももがパンパンになってくる人は要注意です。

運動を頑張っているのに、逆の効果が出てしまうのでは元も子もありません!!

解決方法の一つとしては、前もものストレッチをしっかりとやっておくことです。

ストレッチ後に先ほどの体勢を取ってみて、少しでもやりやすくなっていたら効果ありです。

より効果を上げていきたいなら、体幹を強くしていくことが先決です。

体幹の強化についてはまた後日!


名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

体験のお問合せはこちら

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。