ダイエットに意思は必要ない!?必要なのは・・・

名古屋のパーソナルトレーナー佐藤伸哉です。

「痩せたい、体を変えたい」など、ダイエットを成功させるためには強い意思が必要と思われがちです。

それも答えの一つだと思います。

でもそれって長続きしないことが多いです。

何故なら、強い意思を持てば持つほど、完璧を目指そうとするからです。

トレーナーとしての経験上、完璧を目指す人ほど上手くいきません。

何故か?

起きたことは一つしかないのに、どうとらえるかは人によって変わってしまう。

これが大きな原因だと思います。

例えばやるべきことが10個あったとして、そのうち4個できたとしますね。

それを「4個もできた!」ととらえるか「4個しかできなかった・・・」となってしまうか。

どちらも4個できているんですよ!

得てして強い意思を持とうとすると「4個しかできなかった・・・」が気持ちを支配してしまいます。

加えて、今のあなたはもうすでに仕事なり家事なりで忙しいはず。

それを食事制限だ!と我慢しようとしても余計にイライラしてしまいます。

だから、私は

「我慢」よりも「工夫」の方が成功確率が上がると考えています。

例えば食事の内容。

以前ご紹介したこのS様(20代後半)はとても真面目な方です。

真面目な分、仕事のストレスもあり、

・間食が多く、お菓子や甘いものばかり
・夜ご飯は炭水化物を抜いている
・野菜を食べてバランスを取るようにしている

こんな食生活になりがちでした。

これを「間食をやめる!」と強い意思で押さえつけようとしても、結局は我慢です。

空腹感も耐え難いものがあるでしょう。

工夫をするなら、お菓子や野菜以外にも目を向けていただくことが多いですね。

栄養面でもタンパク質は重要なので、肉や魚、チーズなんかもよいです。

満足感をだすなら、無理に肉の脂身を控えなくても良いと思います。

それでもお腹がすくなら朝ごはんと昼ごはんに白米でも良いから食べてしまえばOK。

お菓子に含まれている砂糖や植物油脂が入っていない分、遥かにマシです。

必要なものをしっかりと食べる「工夫」をして、不必要なものがいらないくらい、お腹いっぱいにしてしまいましょう!

これも捉え方なのですが、
「食べても良いものがお菓子とサラダしかなかった」が
「肉も魚も、白米も食べてOK!」に変えていけるかどうか。

いかに我慢
しないかを工夫する方が、選択肢が増えて楽しみにもなります。

工夫をするためには知識が重要!

変えられない原因はインターネットやテレビの情報からくる思い込みがあります。

思い込みを無くすためには知識を少しづつ覚えていくことも同時進行で必要です。

最後にもう一度、我慢よりも工夫ですよ!!


名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

体験のお問合せはこちら

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。