【現場より】加圧トレーニングは危険か?

名古屋加圧トレーニングインストラクター&パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です。

加圧を始めよう!興味がある!と思っていても「危険じゃないの?」ってよく聞かれます。文字やイラストで説明ををされても「血流制限」とが「手足に圧力をかける」とか出てくると無理もありません。

加圧トレーニングは、「トレーニング」という名のように、「運動」です。ですので危険は伴います。

でもそれは、

・寒い日にいきなりジョギングをしようとして、固くなっている筋肉を痛める

・筋力トレーニングで重すぎる重量を上げようとする、または多すぎる回数を繰り返す

・ヨガやピラティスで、柔軟性が少ないのに、無理に型どおりのポーズをしようとする

なども同様です。指導者・トレーナーの指導力次第です。

加圧トレーニングインストラクターは「運動」に加えて「血液の流れ」という部分に注意を払います。

また目的によっては「キツイ」「しんどい」と感じる運動です。なのでこの「キツイ」「しんどい」というように、筋肉が疲労して、足元がフラフラする→転んで頭を打つ・・といったことが無いようにも気を使います。

加圧トレーニングは必ずマンツーマンで行うのでご安心を。

とは言っても実際にやらないと、分からないことが多いので、是非一度体験してみてください