プラスではなくチューンアップ

「健康」になるために何をしていますか?

僕がオススメするのは、サプリメントを買う、健康器具を買うといった「モノ頼み」ではなく、自分の体を「最適化(チューンアップ)」することです。

最近、元自転車競技の国体選手だった友人に僕の自転車のセッティングを見てもらいましたが、やってもらったことといえばハンドルやサドルの位置をミリ単位で調整することでした。

後は簡易なメンテナンス(チェーンやフレームの洗浄)。それこそ素人に毛が生えた程度の僕でも出来ることです。

コレって人間のカラダを良い状態に保つのも同じだと思います。

もちろん自転車を自分の目的(ココではより速く走る)に合ったようにするためにはパーツを軽量化したり、ペダルをビンディングに変更するなどの「プラス」をするのも良いのですが、自分のカラダに合ったようにすることが大前提です。

「健康」「美容」「競技力向上」・・なんでもそうですがモノをプラスするだけでうまくいくことなんてまず無いです。

人の体で例えれば、その人が行うべきストレッチやトレーニングの指導を通じて、姿勢を正したり筋力が上手に発揮できるようにすることがチューンアップに当たります。

メンテナンスは、日常の食事(ココはもっと深いですが)や生活習慣、または1回のトレーニングでの達成感でモチベーションを保つことも含めていいでしょう。

これらのことをナビゲートするのが加圧トレーニングインストラクター&健康運動指導士である僕の役目です。

先に出た友人は僕の自転車に関する「ナビゲーター」だった訳です。

トレーニング1回にお金を払うって抵抗あると思いますが、単にモノを買う「プラス」に終わらないだけの価値を提供しますよ!