筋肥大には効率の”悪い”運動

筋肉を大きくするためにはどうするか?その答えとして一般的に筋力トレーニングが勧められます。

ではスポーツのパフォーマンスを向上させたり、日常生活でスムーズに動くために必要なのは何か?となると「筋力トレーニング」というのは方法の一つでしかありません。

筋肉を大きくするトレーニングとして加圧トレーニングを例に挙げてみます。

加圧トレーニングは血流を適度に制限することで、血管内に乳酸や水素イオンを溜め込みやすくして、溜め込んだことを脳が察知した結果、ハードなトレーニングをしたときと同等以上の成長ホルモンを分泌させる方法です。

加圧を使わないハードなトレーニングとなると、必要なのは重さだけでなく、出来るだけ筋肉にストレスを掛ける動作をすることです。例えば自分の体重だけでスクワットをやってみるとします。筋肉にストレスを掛けるのなら、太ももの前が地面と平行になる位置まで下ろして、そこから膝が伸びきらない範囲でゆっくりと反復する動作になります。

でもコレってスポーツでも日常生活でもまずありえない動きです。イスから立とうと思うと頭から先に動いて、重力と体重移動を利用して動いた方がラクだし早いですよね?

なので筋肉を大きくする動作を言うのはある意味効率の悪い動作とも言えます。ただし、関節の負担を減らすための「基礎」としての筋力はどのような場面でも必要ですし、成長ホルモンの分泌や糖代謝に対するメリットもまた大きいです。

ここら辺は目的と手段が一致していることが大切。

敢えて負荷を掛けることで得られる良さもあります。