課題は自分でしか解決できない

身体の硬さや、張りの強さに悩む方に、ペアストレッチや関節モビライゼーションを施す機会がよくあります。

そこでつくづく思うのですが、本人が受身ばかりのセッションでは何もよくはならないと感じています。

もちろんある段階では、動くことよりも筋力のバランスを整えたり、関節を緩めることが必要な時も多くありますが、本当に成果を出すためにはその課題に対して自ら動いてもらうことが解決への近道になります。なのでもっと日常的にこうすればいいのにな、と思うことがあったら、それに気づかせてあげるのがトレーナーの役割でもあります。

運動に興味があるということは、少なくとも自分の身体に無関心でいるよりは遥かに優秀です。せっかく自分の身体に課題があると感じているのですから、そこにお金と時間を掛けている以上、達成しない事にはもったいないですよね。出来ればその課題の解決方法も身に付けてもらいたいと思っています。

いくら知識が豊富でも、本人の代わりに頑張ることは絶対にできません。

僕自身もご本人の身体に「気づき」を与えられるように、日夜努力します。