寝不足にご注意!

先日加圧の指導前、「最近寝不足で・・」という人がいました。

血圧を計ってみると、いつもよりやや高い血圧と脈拍数でした。

この状態での加圧は危険と判断し、中止しました。

加圧トレーニングは「四肢に血流を溜め込む」という過程を経るため、他の臓器への血流量の減少を補うために一時的に心拍数が上昇します。しかし問題なのはいくら心拍数を増やしても、体内にある血液全体の量は変わらないことです。

つまり四肢に血液が多く分配されるということは、脳への血流量にもなんらかの影響が出ることは容易に想像できます(結果として頭痛や倦怠感)。そこに対する安全対策は加圧トレーナーはキチンと持ち合わせていますが、安全第一なのは当然です。

というかこの状態だったら、加圧に限らずまともに運動をすることは出来なかったんじゃないかと思います。

なぜかというと、運動をする、ということは、活動する筋肉に血流が多く分配されることでもあります。

食事直後の運動が良くないのは、食べ物を消化・吸収をするのに必要な内蔵への血液が多く分配され、運動(筋肉)に必要な血流が十分確保できない可能性があるからです。

一週間に一度の指導が楽しみと言ってくださっていたので、頑張りすぎてしまったんでしょうね。

真面目なお客様ほど、はじめから体調不良を訴えるのに抵抗があるのかも知れませんが、そこは「諦める勇気」も必要な時もあります。

なお、その後はペアストレッチと脊柱・骨盤周りの動きをよくする施術を行い、すっかり気分がよくなりました。

今までで、「一番お腹がへっこんだ」と言ってくれました(笑)

コレはまぁイロイロあるのですが・・またの機会に。