筋肉のコンディションを整える

最近加圧トレーニングを、カラダのコンディションを整えるのに使っています。

加圧はむやみやたらにキツイ!というイメージを持たれることもありますが、圧の調整と運動内容によって血流の改善、筋肉の柔軟性を向上させるのにも非常に有効です。

具体的には、加圧ベルトを巻いた状態でのストレッチや、肩甲骨・股関節を大きく動かす体操など。

ベルトを巻かなくても、血流を良くしたり、柔軟性を戻すのにも使えますが、効果の出方が明らかに違うし、特に運動経験が浅い人には、「筋肉の動きを意識する」というのが非常に分かりやすいようです。

実は先週水曜、太ももの前の筋肉を軽く肉離れしてしまい、その日は車のアクセルを操作しているだけでズキズキしていたのですが、加圧をかけてのストレッチと、痛みが出ない範囲での膝の曲げ伸ばしを繰り返すだけで次の日の朝には正座が出来ました。

4日たった今でもベストとは言えないにしても、練習には復帰しています。

医師にかかって、「休め」と言われても、アスリートなら練習はしなきゃ勝てないし、仕事がある人は休むわけには行かない状況だって必ずあります。

動かしながらよい状態にするには、加圧を使わない手はありません。