糖尿病の予防・改善と筋力トレーニング

一気に冷え込みが厳しくなりました!寒い!

風も強く、自転車通勤には厳しい日でした。

以前グーグルで「自転車通勤」と検索したら、糖尿病を克服した方のサイト(ブログ)を発見しました。

自転車通勤ということは、ほぼ毎日有酸素運動をすることになります。

運動の種類では、医師から「毎日ウォーキングをしなさい」と言われる場合もありますね。

こうやって色んな情報を見てみると、「有酸素運動が糖尿病対策に有効」というイメージが沸くかもしれません。

では筋力トレーニングは有効ではないのか?というとそんなことはありません。

ある研究では、筋力トレーニングのみでも糖尿病の改善に有効な結果が出ています。

ただし!その壁はかなり高いかもしれません。

(以下健康・体力づくり事業財団 健康・体力づくりと運動に関する文献データベースより一部抜粋)

運動習慣の無い平均年齢47歳の男性17名のうち、9人は筋力トレーニング9種類を、週五回・4~6週間にわたって行ったグループと、同じ期間、筋力トレーニングをしたグループと同じカロリーを摂っているけど何も運動をしていないグループとで比較した研究の結果、インスリンへの反応が筋力トレーニングを行ったグループのほうが5割高かったという結果でした。

でもこの研究でのトレーニングはかなりきつい内容なんです。大体週五回筋トレしているだけでも立派な運動習慣のある人になってしまうと思いますが・・。

かと言って、筋力トレーニングのメリットを生かさないのはとても損だと思います!

・生活動作の改善

・スタイルの維持・改善

・基礎代謝の向上

と、有酸素運動を漫然とこなすだけでは得られない効果が筋力トレーニングにはたくさんあります。

運動の入り口として、有酸素運動を行うというのは実際の指導でもよく教えますが、それは出来るだけ早い段階で筋力トレーニングを併用した方が効率的なのは間違いありません。

また運動をする人の好みの問題もありますが、自己流だと好きなことしかやらない可能性があるので、トレーナーがいればうまくバランスをとっていけます。

糖尿病に限らず、生活習慣病の改善には、継続が一番なので無理の無いペースで始めて(週1回からでも十分)欲しいと思っています。