健康情報番組をみると不健康になる?

名古屋今池で活動中の加圧トレーナー佐藤伸哉です

最近勤務先のクリニックでペアストレッチを始めました。今まではマンツーマンでの指導をしない体制だったので、会員さんたちにとっては新鮮なお気持ちだったと思います。

より深くお話が出来るので、満足度も上げられると思います・・が、昨日ペアストレッチを受けていただいた方にある問題が見つかりました。血圧がとても高く、普通であれば運動禁止となる190/110mmHgという血圧だったのです。

「血圧が高くなって、クスリを飲まないといけないと思うとストレスに感じて仕方がない」

と普段から訴えていました。

その方は非常に真面目な性格です。そのためテレビなどの影響をとても受けやすく、言われたことを「素直に」実行してしまいます。

今回問題だったのは「緑茶を飲んで健康になった」という人の話をテレビで聞いて、なんと一日に20杯のも緑茶を飲んでいたそうです。

こんなことをすれば水分の摂り過ぎで内臓に負担をかけてしまうし、緑茶に含まれるカフェインだって多くなるし、お腹が張って睡眠不足にもなっていたようです。

これらは「血圧」という側面から見ればどれも数値を上昇させてしまう要素です。

よくお話を聴いた上でアドバイスしたのことは、「水分は、普通の食事以外で取る必要はありません」ということです。その結果翌日の血圧を計測したら、130/75mmHgぐらいで、正常範囲となりました。

本人からすれば「義務感からの開放感」がとても大きく感じられたそうですし、身体面から見ても負担が少なくなっていたでしょう。

健康情報をテレビで見ると、映像でのインパクトもあってとても印象に残るものです。でもその情報は視聴者の為に作ったのではなく、視聴率の獲得や、スポンサー企業が扱う商品の消費を促すために作られています

「自分では健康に気をつけて色々やっているのに、何でイマイチな結果しかでないの?!」という場合は、「やめてみる」というのも一つの選択肢であることを忘れないで欲しいと思います。

TEL 090-3939-4897

メールでのお問い合わせ

千種区・今池スタジオへのアクセス

中村区・岩塚スタジオへのアクセス