よく考えて欲しい・・名古屋でも買占めが

名古屋で活動中の加圧パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です

名古屋の食料品店でも買占めが起こっています。米・カップめん・飲料水はすべて無く、予想どおりといった感じです。

また行った店がイオン系だったため、プライベートブランドで保存の利く食品はほとんどありませんでした。

食料の確保をし、自分の家族を守るという気持ちがあるのかもしれませんが、今は本当に必要としているのは被災者の方であることは言うまでも無いはずです。

少しずつ道路や港の復興も進んでいることを考えれば、短期的に見ても食料品の買占めが、現地にとってよくない方向に向かう可能性も否定できないはずです。

また、大阪の橋本知事が効率の良い物資支援方法や疎開案を計画中です

(このことがテレビでは一切流れず、ネット上でのみ広がっているのが悔しいですが・・。)

橋本知事のツイログ→http://twilog.org/t_ishin/asc

僕の勤めるフィットネスクラブで戦中・戦後を過ごした人が白米と一緒に麦や、大根、芋を一緒に炊いて食べていたと言っていました。

僕も普段から食べていますが、押し麦を一緒に炊くのも結構おいしいですよ。

愛知県は今のところ被災地でもなければ、非難が必要な地域でもありません。

電気・ガス・水道が使えれば、冷凍庫も電子レンジも使えるのだから、生鮮食品を少し加工して冷凍保存が出来ます。

素人考えですが、恵まれた地域の人間は買占めなどすることなく、調理に一手間かけることも支援になるのではないかなとも思います。

利便性・必要性がが高いものは現地の方たちの為に!

トレーニング料金表

TEL 090-3939-4897

メールでのお問い合わせ

千種区・今池スタジオへのアクセス

中村区・岩塚スタジオへのアクセス