老化にどう対応するか

名古屋市千種区今池の加圧・ピラティストレーナーの佐藤伸哉です。

昨日勤務先のイベントで、20人ほどの人を連れて6キロのウォーキングをしてきました。

名古屋は寒い日が続いたせいか、桜はまだまだでしたが、歩けばちょうど良い気温。

平均年齢で言えば65歳。ペースは人それぞれでしたが、天白区のオアシスの森や、天白川の堤防を歩くコースを設定し、みんな無事ゴールできました。

年齢が年齢だけに、腰や膝に痛みがある人も多くいましたが、いやいや、皆さん元気そのもの。

僕が65歳になった時に、こうありたいと思う姿を見せていただいた気がします。

誰もが平等に年を重ねますが、体を動かすことで老化を遅らせることが出来ると感じます。

逆に、20代であっても膝を地面につけて難易度を落とした腕立て伏せが一回も出来ない人を見たこともあります。トレーニングとしてやる必要があるかどうかはともかく、間違いなくその人の体は老化していると言えます。

僕がトレーニングや運動を教えていくときに大切にしていることが、「お客様本人に、自分の体を知っていただく」ということ。

体を鍛えるということは、同時に自分の体を知るということにもなります。そうすれば、どう動けば危ないかが分かって無理をしないし、頑張りどころがどこかも把握することができます。

継続のしやすさだって断然上がります。

ダイエットでもそう。よく「リバウンドしないダイエット法」なんてものが紹介されますが、結局内容としては「特別なイベント」ではなく、ストレスが少なく、日常的に継続しやすいものが残ります。

ただ今は情報があふれすぎているので、強迫観念に駆られてしまう人もいれば、結果を急ぎすぎて継続が出来ない人もいます。

焦ったり諦めたりする前に、自分の体がどういう状態なのかは最低限知っておいた方が良い。

何かを付け足すよりも、無駄なものを外した方がうまくいく事だってあるでしょう。

加圧やピラティス、ストレッチ整体を教えているので運動のことが第一になりますが、「体か心か」ではなく「体も心も」です。

まぁコレは受け売りですけど・・。

自分の体に感心をもっていくことから始めて行きましょう。

トレーニング料金表

TEL 090-3939-4897

携帯メールでのお問い合わせ

千種区・今池スタジオへのアクセス

中村区・岩塚スタジオへのアクセス