内ももを鍛えると脚は細くなるのか?

名古屋で活動中の加圧・ピラティストレーナー佐藤伸哉です

内ももの脂肪を落としたい!

よく頂く要望です。

同時に下がったお尻を上げたい!とか、下腹ポッコリを何とかしたい!とかもセットでついてきます。

じゃあ加圧トレーニングで内ももを鍛えると、脚が細くなるの?というと、あまり効果はありません。

他の施設で加圧トレーニングをやったことがある人でも、体重が減って、ウェストが細くなっても、腕や脚の太さはそのまま、というのはよくある話です。

なぜなら、脚の(というか全身の)筋肉や関節はねじれてくっついているからです。まずこのことを理解しないと特に女性の脚は細くなりにくいです。

人は誰にでもある程度の「ゆがみ」が存在していて、そのパターンはみんなバラバラです。しかも表裏、左右といった平面的なものではなく、三次元でゆがみは発生します。

【名古屋千種区今池】加圧・ピラティスで無理なくシェイプアップ!

なので、O脚・矯正とか言って、通販で売ってるようなかかとの外側が高くなった靴やサンダルを履くと、ねじれの負担が膝に集中したりしていためる原因にもなりかねません。というか絶対やめてください。

歩く・立つ・座るなどの日常的な動作も、足の指、足首、膝、骨盤とつながった上で三次元的に負荷が掛かっているので、ストレッチや運動も少し工夫が必要なんですね。

逆に言えば、先ほど挙げた、「脚を細く」「お尻を上げたい」「下腹を引っ込めたい」という三点セットはお互いに関係しているとも言えます。

加圧トレーニングは、単純なトレーニングでも簡単に筋肉を疲労させることができるので満足感は得やすいのですが、単純である分、間違った動作にも結びつきやすいという注意点もあります。

日常の癖が問題とも言えるけど、理解が難しい!というのも事実です。

僕が実際に指導する際には、毎日やって欲しいと思う運動やストレッチを一つか二つに絞って伝えるようにしています。

自分の体の動きを感じながらトレーニングを行う・・。一つでもたくさん伝えようと思います。