節電に対応するからだ作り

名古屋市千種区今池で活動中の加圧・ピラティストレーナーの佐藤伸哉です。

地震・原発の影響もあり、長期的な節電体制が求められています。

個人的には一般家庭に節電を求めるよりも、パチンコ屋を法律でつぶした方がよっぽど節電になると思うんですが・・・。まぁここら辺は自民・民主共に期待できる望みは薄いので石原都知事の孤軍奮闘に期待しましょう。

さて、節電で一番一般家庭に影響を与えるのは、エアコンの使い方です。

昨年のような長い猛暑になったら大変ですよね。

モノに頼る前に、自分の体で対応できることは無いか?

実はあります!

単純な話ですが、「全身で汗をかける体になること」です。

「汗をかく」というのは、本来もっとも体温を下げる効率の高いものなんです。

でも夏なのに手足が冷える、便秘気味、体が熱くなるのに顔が赤くなるだけで汗が出ない・・。

どれも自律神経の働きがアンバランスだったり、全身にくまなく血流が循環してないことが一因になるのですが、こんな人はたくさんいます。

汗がうまくかけない原因は運動・食事・生活習慣の中にたくさんあるので、一つの方法で対処することは難しいのですが、運動指導者としては、ラジオ体操のような「全身を大きく動かす運動」を勧めます。

さらに、コレに加えて肩甲骨や股関節の動きを広げる運動などで、対処療法的にはなるけど、かなり改善できると思います。

運動不足の自覚があるなら、一日1回体温を上げることで、自律神経のバランスをとっていきましょう。

トレーニング料金表

TEL 090-3939-4897

携帯メールでのお問い合わせ

千種区・今池スタジオへのアクセス

中村区・岩塚スタジオへのアクセス

トレーナー佐藤伸哉はこういう人です!