市営・公共スポーツセンターの利用

僕の普段の仕事は、加圧・ピラティスのトレーナーと、病院付属のフィットネス施設の管理者です。

初めて利用する人や、見学・体験に来た人に必ず聞くことの一つに、「フィットネスクラブを利用されたことはありますか?」というものがあります。

それでよくあるのが、「市営のスポーツセンターに何回か行ったことがある」という返事です。

名古屋市の話で言えば、1回200円、一ヶ月使い放題が2,000円で済むので、コスト的には確かにお得です。

筋力トレーニングのマシンも、ダンベル、フリーウェイトも、エアロバイクやランニングマシンなんかも置いてあるので、ハード面で言えば申し分ないです。

こういうメリットがあったとしても、やっぱり続かない人が多いです。その理由は主に二つ。

①混雑してて使いにくい

②運動のやり方を、職員の人は聞けば教えてくれるけど、積極的には教えてくれない

といった理由です。

①に関しては、仕方ありません。民間のフィットネスクラブには、「入会金」「月会費」といったハードルが存在するので、その時点でお客様を選んでいる部分があるんですね。

ただ、混雑しているといってもウォーキングや自転車運動がほとんどではありませんか?初心者が集まりやすい環境だと、どうしても重たいものを持ち上げるような運動は敬遠されるので、歩く、自転車をこぐといった単純な動作で汗をかけるような運動に人気が集まってしまいます。

上手に使いこなしているな~、と見える人のほとんどが、学生時代にトレーニングをしていたか、民間のフィットネスクラブでトレーニングの指導を受けたことのある人です。初心者にはハードルの高く見えるダンベルやバーベルを使ったトレーニングを積極的に行っています。

②についても仕方がありません。職員の方たちの役割は「施設・設備の管理」であって、利用者が安全に運動をするのを見守るのが役割です。なので一人を見るよりは全体を見るように動かれます。

まとめると、市営・公共のスポーツセンターで成果を出すには、トレーニングに対する知識が必要不可欠」と言えます。

せっかく良い施設を低料金で使えるのだから、もったいないですよね。

僕は加圧トレーニングやピラティスだけでなく、初心者や女性、高齢者でも無理なく行えて、成果の出せるトレーニングのノウハウも提供しています。

自分が通いやすい、公共施設でのトレーニング施設で成果を出したい方も、お気軽にお問い合わせください。

トレーニング料金表

TEL 090-3939-4897

メールでのお問い合わせ

千種区・今池スタジオへのアクセス

中村区・岩塚スタジオへのアクセス

トレーナー佐藤伸哉はこういう人です!