マシントレーニングは種目を絞った方がいいかもしれません

フィットネスクラブや、公共のトレーニングルームでは、数多くのトレーニングマシンが用意してあります。

今回の記事では主に、筋力アップの為のトレーニングを行うマシンについて触れます。

初心者や、体力の無い女性や高齢者は、マシントレーニングを勧められることが一般的な考えなのですが、実際は難しいです。

理由としては、マシンに日本人の体格が合わなかったり、シートなどの位置設定やら重さの負荷設定が複雑(と、運動が苦手な方は考えてしまう)事が多いです。

しかもたくさん置いてあると、たくさんの種類をこなすことを優先してしまい、筋力トレーニングの基礎である、

8~12回を3~5セット連続で繰り返す

ということを敬遠してしまいます。

なので、初心者は3~5種目、慣れてきた人でも5~8種目くらいに押さえておいた方が、そのマシンでの熟練度も上がるし、考えたり憶えたりすることも少なくて済みます。

上半身:チェストプレス、インクラインプレス、ショルダープレス、ラットプルダウン、ロウイング

下半身:レッグプレス、レッグカール

体幹部:アブクランチ

くらいで押さえておいた方が、初心者の方でも効果が出やすいと思います。

また高齢者や女性に多いのが、腹直筋に効く「アブクランチ」だけを延々とやり続けるパターンです。

まずは大雑把でいいので、全身を程よく動かす。というようにしていった方が、全身を万遍無く活性化させて代謝を上げて行くことが出来るでしょう。

ご質問、体験トレーニングはコチラのフォームより受付中

トレーニング料金表

お申し込み~トレーニングの流れについて

TEL 090-3939-4897

名古屋市千種区・今池「ウェルアシスト」へのアクセス

トレーナー佐藤伸哉はこういう人です!