プレ・リハビリテーション

僕は6年前に膝の手術をしました。その時の経験は今でも僕が指導するときにも影響をしています。 運動初心者の方を相手に指導することが多いとつくづく感じることは、 「今運動を始められて良かったですね」 です。 加圧トレーニングで、手術前に正常な方よりも筋肉を多くつけていたおかげで、今で ‥‥

膝痛もいろいろ

膝が痛むと言っても、 膝のお皿の周りか 内側か外側か 内側でも少し下側なのか また膝以外に注目する場所として、 腰の反り方 足首の角度 動作の中での骨格の変化など、 本当に様々です 膝イタ対策で何も考えずに太もも前の筋肉を鍛えると、反って硬くなりすぎることもあります。 加齢で関節 ‥‥

お金を払う価値

パーソナルトレーニングって、まだまだ一般的ではないですよね。 マンツーマントレーニングとか、プライベートレッスンとかの方が解りやすいでしょう。 スポーツクラブや、公共のトレーニングルームを利用している人からすれば、 「ただでさえ、会費払ってるのに、やり方教わって更にお金払うの?」 ‥‥

夢を与えられるか?

昨日ある営業マンの方と話しをしていた時に頂いた言葉です。 「夢を与えるのが商売の基本だよ」 学生時代から部活だの専門知識だの…とこだわっていると忘れがちな部分です。 今までの仕事を思い返すと、信頼関係が築けている人とは必ず「○○ができた!」と言う会話があります。 70歳過ぎても前 ‥‥

課題は自分でしか解決できない

身体の硬さや、張りの強さに悩む方に、ペアストレッチや関節モビライゼーションを施す機会がよくあります。 そこでつくづく思うのですが、本人が受身ばかりのセッションでは何もよくはならないと感じています。 もちろんある段階では、動くことよりも筋力のバランスを整えたり、関節を緩めることが必 ‥‥

トレーニングはクセづくり

下腹部を引っ込めたい、姿勢を良くしたい、膝の痛みを解消したい・・ こういった問題を解決しようと思ったら、日常の中での動作を改善することが近道になります。 例えば太ももの前ばかりが太くなっている場合、相対的に太ももの後ろやお尻の筋肉が上手に使えてないことが多いです。でもお尻の筋肉を ‥‥

必要なのは集中力!

このブログを読んでいる人の中には、フィットネスクラブなどで「エアロバイク」や「トレッドミル(ランニングマシーン)」などを好んで使っている人もいると思います。 目的の多くは「体脂肪を燃やす」「痩せたい」といったあたりでしょう。 でも大半の方は目的を達成出来ていません。何故か? 多く ‥‥

【リスク管理】カラダが追いつかない・・

名古屋加圧トレーニングインストラクター&パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です 日曜日、会社の仕事で特定健診(いわゆるメタボ健診)にほぼ全ての項目で引っかかってしまった方が体験利用に来ました。60歳の男性です。 失礼ながら、かなりの肥満体形・・。ただ野球・ソフトボールを長 ‥‥

【スクワット】膝を前に出さないは正しい?

昨日「スクワットで深くしゃがみこめない」というクライアントさんがいました。 ウェイトなしでやってみてもらうと、つま先が浮くぐらい踵に重心が乗ってました・・。どうも我流でやっていて、とにかく膝を前に出さないようしていたそうです。 「膝をつま先より前に出すな」ってよくTVなどで紹介さ ‥‥