子連れでパーソナルトレーニングに来ていただくメリットは?

こんにちは。名古屋栄のパーソナルトレーナー佐藤伸哉です。

Refitではお子様連れでの来店が可能です。早ければお子様が生後3カ月目くらいからでも来店されているケースもあります。
お子様連れOKのアイコンイラストを妻に描いてもらいました(笑)

夏や冬など、赤ちゃんにとって天候が厳しい場合などは注意が必要ですが「体力や体型を戻して元気なお母さんでいたい」と言うのも切実な願いだと思います。

パーソナルトレーニングを受けるメリット自体は他の記事にもまとめてあるのでそちらを参考に。

スキニーパンツだって怖くない!パーソナルトレーニングでO脚、XO脚はここまで改善できる

お子様づれでのパーソナルトレーニングについてはこちらも見ていただきたいと思います。

子連れママ「こそ」パーソナルトレーニング!!

ではお子様づれOKでパーソナルトレーニングに行ける最大のメリットを簡潔に紹介しますと

「わざわざ保育園や託児施設に預けなくてもいい」

この一言にまとめられると思います。

具体的にどういうことかはこれから書いていきます。

そもそも、子どもと外出すること自体が大変

僕が独身のころは全く他人ごとだったのですが、保育園や託児所の送り迎えには非常に時間と手間がかかるのです。

大人が一人で外出するのでも、女性であればメイクや服選びに時間がかかるものです。

我が家が全てではないと思うので参考になりそうなデータを引用しますと

■毎朝メイクにかける時間は平均どれぐらいですか?

・1位 10〜15分…………119人 (28.0%)
・2位 5〜10分………………97人(22.8%)
・3位 5分以内………………90人(21.2%)
・4位 15〜20分……………58人(13.7%)
・5位 20〜30分……………46人(10.8%)

マイナビ2015年の調査より

と言う感じです。

メイクを顔の化粧までとするのか、髪の毛のセットまで入れるのか明確ではありませんから正確ではないでしょう。

とは言えメイクだけでも10分以上は見た方が良いですね。世の男性はそこは理解してあげましょう。

これに加えて、子どもと一緒に家を出る準備が大変です。

乳幼児であれば衛星用品、トイレの準備、おむつ、授乳用のケープ、抱っこ紐、着替えなどなど・・・

幼児だと多少は少なくなりますが、着替え、靴を履かせる、自転車や車の乗せるなどの手間がなくなる訳ではありません。

自分1人で家を出るのに加えて最低でも20分くらいは余裕を見ないといけないのが現実でしょう。

そして送り迎えの時間・・・だけじゃない!

仮に預ける先が家から歩いて5分だとしても、子どもと一緒だとすんなりはいきません。

抱っこ紐やベビーカーを使うにしても、落ちないようにしないといけません。

車で移動するならチャイルドシート、自転車に載せるならヘルメットとベルトの装着などなど・・・。

安全の為とは言えこれもひと手間です。

家を出るまでが大変、出てからも大変と言うのが小さい子どもと出かける時の現実です。

時間だけでなく、気持ちもつかう

さて、預ける先に到着しました。しかし、不在時の宅配便の様に無言で置いていける訳ではありません。

「おはよございますー(^^)」
「よろしくお願いしますー(;^ω^)」
「○○ちゃん、迎えに来るまで待っててねー(´・ω・`)」

と預ける先のスタッフにも子どもにも何かしら言葉をかけていくことでしょう。

親族に預けるにしても気をつかいます。

仮に時間はそれほどかからなかったとしても気持ちは疲れます。

 

と、言うわけで子ども同伴でOKの施設全般で言えることでもあるのですが、

送り迎えの時間と、気遣いがカットできる

と言うのは大きなメリットだと実際にお客様から頂いています。

少しでも母親のサポートをしつつ、間接的にでも子どもの役に立てていると実感できるので子連れOKにして良かったなぁと思います。

 

その一方、「子どもを放っておいてジムに行くなんて、自分が遊んでいるような気がして・・・」と罪悪感を持つ人も少なくないと聞きます。

僕の考えは

「お母さんが自分の為に健康になって何が悪いのでしょうか?
心身共に元気じゃなきゃ子どもは笑顔になりません」

です。

もちろん、出かけるまでが大変と言うのは事実だと思います。突然こどもが体調を崩す時だってあるでしょう。

それでも自分を犠牲にするとか、大事にしなくても良いと言うのは違うんじゃないかなと。

自分が元気になれば家族みんなが元気になれる!くらいの気持ちは持っていける世の中になって欲しいと願っています。

名古屋では当店だけの「子連れでもOKの下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

コメントは受け付けていません。