O脚や太いふとももは「膝の伸ばしすぎ」が原因?

こんにちは。名古屋栄の下半身ダイエット特化パーソナルトレーニングスタジオの佐藤です。

今日はO脚改善と太ももを細くするためのお話。

良い姿勢、脚をスラっと見せる!そのためには膝は伸ばしきってはいけません!

特に気をつけたいのはこんな立ち方をする人です。

写真のように、膝が伸びきってふくらはぎが外に流れています。

こうなると膝下O脚にもなりやすいですし、いずれは膝痛にもなってしまいます。

さらに言うと、膝を伸ばしきる癖がある人は太ももの筋肉がガチガチです。

結果的に前や外に大きく張り出してしまいます。

つまり

太ももが太い人は、O脚と同じような関節の歪みがあることがほとんど!

とも言えます。

 

あなたは無意識にO脚になっている

やっかいなコトに、無意識のうちに美脚にも健康にも悪影響が出ているのにこれが異常だとは気がついていないんですね。

そんな状態で「運動だ!ランニングだ!筋トレだ!」と頑張ればどうなるでしょう?

やっても変わらないならまだマシですが、逆効果になることだってあるのです。

フィットネスクラブに通っている女性全員が美脚なら良いのですがそうではないのが現実です。

では何を直さないといけないかと言うと、悪いクセを直すトレーニングとストレッチです。

 

パーソナルトレーニングに通えば、美脚も健康も近道で手に入ります!

体験トレーニングの前後(30分くらい)の変化

 

約6か月間の通っていただいたO脚改善の変化

繰り返しですが、O脚やX脚を直したいなら事前準備もなく筋トレを頑張ることや、整体などの人任せはやめた方が良いです。

何故ならO脚やX脚と言うのは「下半身の骨の並びが理想的ではない状態」なのでその歪みを修正する以前に、自分の体がどうなっているのかを理解することです。

 

ただし、シンプルに考えることは重要で

「硬くなってほぐすべき筋肉はほぐす。弱くなって鍛えるべき筋肉は鍛える」
以上に尽きます。

筋肉をほぐすとなると、具体的にはストレッチですね。

自宅でもできるものを2点紹介しておきます。

片方だけ正座をして、かかとがお尻の下に入るようにします。 肘をつけながら後ろに倒れて膝を前に出すように意識をします。 しっかりと伸びるのを感じつつ、片方60秒ずつ。

片膝立ちをして、反対の膝は下に置きます。 体全体を前に出して下に置いた側の太ももの付け根を伸ばすように意識をします。 しっかりと伸びるのを感じつつ、片方60秒ずつ。

歪みとスタイルについての関係はコチラを参考に。

骨格の歪みがスタイルを悪くする?

あとはどこまで良くなるのか、あらかじめ把握しておくことです。
生まれつきの問題でO脚が改善できないこともあります。

O脚改善の個人差ついて

今まで自分の体がどうなっているのかを知らずに20年、30年と過ごして来たのに、「いきなり直せ!」と言うのは無理な話しでしょう。

まずは現状把握から始めることをお勧めします!!

体験のお問合せはこちら
名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

問い合わせフォーム青

最後までお読みお読みいただきありがとうございます。

●名古屋市市営地下鉄 名城線 東山線 名鉄瀬戸線より好アクセスです 
栄 矢場町 上前津 大須 伏見 丸の内 久屋大通 錦 などからお越しいただけます
●ヒップアップ、太ももやせ、脚痩せ、下半身やせ、足やせ、O脚改善

コメントは受け付けていません。