下半身痩せは選択が大切。

少し前の話ですが、アジア大会が終了しましたね。
個人的に印象に残ったのは男子陸上の100m×4の400mリレーです。

最近はスポーツの実況などでも「日本人らしく技とチームワーク」とは言われなくなっている気がします。

筋トレが流行になりつつあるので、筋力が重要だと言うのは浸透してきているのでしょう。

是非その流れは一般の人たちにも当たり前になって欲しい・・・。
特に「健康的な外見の身体になりたい」と言うのなら是非これを見てください!!


twitterで流れて来たものをお借りしましたが素晴らしいですね!

同じ人物、同じ体重50kgなのに見た目はこんなに違うのです。

同じ大きさなら脂肪よりも筋肉の方が重たいので、見た目は引き締まって見えるわけですね。

筋肉がつくことを恐れる必要は無いと言うことです。

でもどこを鍛えるかは選ぶ必要があります。

このブログでは何度も言っていますが、下半身の筋肉はつけすぎてもよくありません。使いすぎるあまり太ももが太くなったり、お尻の筋肉の出番がなくなったりします。

下半身痩せは鍛える筋肉の選択が大切なのです。

一言で言えばバランスの問題で「鍛えるべき筋肉は鍛える、休むべき筋肉は休む」。

「お尻、足指、太もも裏側」はガンガン鍛えて、「太もも前、ふくらはぎ」は休ませる。これが基本です。

今までのトレーニングで効果が無い!と悩んでいるのなら、一度どこを鍛えるべきかを考え直してみましょう!!

 

Twiterはじめました。

ややプライベート多めですけど、フォローしてくれたら泣いて喜びます。
https://twitter.com/sth_sin

体験のお問合せはこちら
名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

問い合わせフォーム青

 

コメントは受け付けていません。