意外な組み合わせも?太りやすい○○の二重食べ3選

こんにちは。名古屋栄の下半身ダイエット専門パーソナルトレーナー佐藤伸哉です。
 
今回は特に「凄く太ってるわけではないけど、あと2、3キロ体重を落としたい」と言う場合には是非読んでいただきたい記事です。
 
細かいことの積み重ねがジワジワ効いてくる内容ですので、是非ご一読を!
 
 
さて、キレイなボディラインを決めるのは理想的な骨格と、程よい筋肉と体脂肪量です。
「程よい」は人それぞれとして、健康的に痩せるなら余計な脂肪はつけたくないですね。
 
そこでお客様にお伝えしているのが
 
糖質の二重食べはしない
 
と言うことです。
 
例えば「ご飯+焼きそば」など、主食となるものを二種類以上を一度の食事の中に入れないようにすることです。
 

体脂肪の増加のメカニズム

 

体脂肪が増える原因は基礎代謝の低下した状態や、アルコールの呑み過ぎなど様々あります。
 
現代人が陥りやすい原因の一つに「糖質をとり過ぎ」で、糖質を摂って血糖値が上昇してインスリンと言う体脂肪を作らせるホルモンが出てしまうことにあります。
 
糖質は人間にとって必要なんだけど、摂り過ぎに注意すべき栄養素でもあります。
そこで、糖質の二重食べになる例をご3つ紹介します。
 
  1. ご飯やパン、麺類+芋類orかぼちゃなど糖質の多い野菜類
    ハンバーガーチェーンでセットを頼むと出てくる「パン+フライドポテト+砂糖入りのジュース」のような組み合わせがわかりやすいと思います

    それ以外にも、和食で多いカボチャやレンコン、サトイモの煮物は砂糖やみりんの使い過ぎに注意が必要です。
    体に良いイメージの和食ですが、糖質を多く含む野菜を食べる場合はご飯の量は減らしていくと太らずに済みます。

  2. ご飯+揚げ物(油が多いだけでなく、衣についた小麦粉の糖質が多い)
    育ち盛りのお子さんがいる家庭などで多いパターンです。
    揚げ物は大人でも美味しいし、スーパーやコンビニでも買えちゃいます。
    でも食べるなら週に3食くらいにして欲しいですね。
  3. パン+ポテトサラダ(コロッケを挟んだロールパンとかも)
    1とほとんど同じなのですが、サラダと名前がつくと選びがちですが出来れば葉物やトマトなどの野菜を選んで欲しいですね。
    ちなみにこの組み合わせは名古屋に住んでいると喫茶店のモーニングで良くあるパターンです。
    組み合わせを選べることも多いので注意して欲しいと思います。
以上は現代人が良く出会う炭水化物の二重食べのパターンです。
 
ただし、今の時期は年末年始です。
 
食事はお米だけでなく揚げ物や、砂糖・みりんなどで味付けをした煮物(おせち)、甘酒がついて回ることが多いです。
 
なので年末年始や宴会などは割り切って考えて、普段の食生活で調整するようにしていただいても大丈夫です。普段を気をつければ十分取り返すことは可能です。
 
楽しむ時は楽しむ!ちょっと体重が増えたって笑い飛ばせるくらいの気持ちで食生活を楽しんでください!
 

 

新春スタートアップ応援キャンペーン受付中

来年1月中に体験を実施されるお客様5名様限定で、

本来5000円の体験料金を半額の2500円で提供させていただきます。

年明けは気持ちの切り替えと勢いも出てきます。

是非この機会にお申込ください。

体験のお問合せはこちら

名古屋初!
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

問い合わせフォーム青

コメントは受け付けていません。