カロリーは足りても栄養失調

炭水化物は悪者、脂肪は悪者、たんぱく質は筋肉がつくから要らない・・。

それでいて、「そんなに食べていないのに、水飲んだだけで太る」とか訳が分からないことを言う人が結構な割合でいるものです。

そういう人が食べているのはドレッシングのたっぷり掛かったサラダや、値段の安い菓子パンやドーナッツを2,3個食べたりするわけです。

あるいは、油を避けるという感じで、毎食白米+サラダなんて言う例もありました。

それに晩酌が入ると・・もうね、アウトです。

体脂肪が増える一方の場合は、カロリーは足りていても、それを消費させるの他の栄養素が足りていません。

栄養失調というと、「飢餓」をイメージするかもしれませんが、実は「栄養のバランスが崩れた状態」を指します。

そして手軽に手に入る食べ物ほど、このバランスを崩してしまうという現状があります。

コンビニやスーパーなどで手軽に安く買える、お菓子や、おにぎり、揚げ物、だけで食事を済ませていませんか?

アメリカでは、ファストフードやジャンクフードを買わざるを得ない貧困層ほど、肥満が問題になっているそうです。

日本の場合、摂取カロリーに差こそありますが、「栄養のバランスが悪い」という部分では同じです。糖尿病をはじめとする、生活習慣病の増加にもつながってきます。

頭を働かせるためには、炭水化物が必要です。

体を作るためには、たんぱく質と脂質が必要です。

また、ビタミンやミネラルがないと、これらの栄養素はまともに働いてくれません。

カロリーを意識することも大切ですが、バランスが崩れていてはダメです。

手間やお金などの「コスト」をかける意識も是非持ちましょう!

トレーニング料金表

お申し込み~トレーニングの流れについて

TEL 090-3939-4897

携帯メールでのお問い合わせ

千種区・今池「ウェルアシスト」へのアクセス