運動不足な人ほどトレーニングの効果は感じやすい

名古屋の美脚・下半身ダイエット専門パーソナルトレーナーをしている佐藤伸哉です。

「運動経験が無いし、普段まったく運動しないけど大丈夫ですか?」と言うご心配に対しては

胸を張ってOKです!とお答えします。

普段運動不足な人は筋肉痛にもなりやすいですが、効果も感じていただきやすいです。

何故なら運動不足だと使う筋肉や動かす関節がほぼ固定化されていますが、言い換えればパーソナルトレーニングをしていく中で動かす部分がどんどん増えていくからです。

例えば袋に入れた焼きそばとかうどんって、最初は硬いじゃないですか。他にも買ったばかりの革靴って足になじんでいなくて固く感じますよね?

それと一緒で人間の体は程よく全身の関節を動かすことで、関節内に関節液が回り筋肉の弾力性も上がります。

座ってばかりいると運動不足になって、脳の認知機能も低下する恐れがあるとの研究もあります。

https://www.businessinsider.com/sitting-may-thin-brain-memory-and-increase-dementia-risk-2018-4

余程のことがないと運動のし過ぎで疲れると言うことはないので、少しでもいいからアクティブに動くための工夫はしていくと良いでしょう。

やれることは一つずつ。

Refitが大切にしていることに、

「やれることを一つずつ増やす」

というのがあります。

単純にスタイルを良くするだけが目的ではなく、その先に「トレーニングを通じて成功体験を積み重ねて自分らしく生きること」を大切にしていただきたいからです。

 

この写真に写っているお客様もそうです。

ジムに通ったことも無ければ、まともな運動経験も無い。

やれることを一つずつ増やしていって、ダンベルをもった片足でスクワットを出来るようにまでなりました。

写ってませんけど、バーベルも30キロくらいは持ち上げられます。

もちろん、ウエストもお尻回りもスッキリしてきましたし効果もバッチリ!!です。

トレーニングに限らずやらないと始まらないし、トレーニングを始めるなら「今」とお答えしています。。

それでも運動を始められないなら・・・

それでもなかなか腰が重いこともあるかもしれません。

そうであれば「使う言葉」を変えてみましょう。

具体的には「でも、だって、どうせ」を使わないことです。

何故ならこれらは「出来ない理由」を探す為に使われるからです。

人は基本的に安定を好みますから、失敗するくらいなら行動しないという選択をするケースもよく見られます。

変化を求めるには、

「どうすればやれるかな?」

と常に自分に問いかけていかないと、アクションを起こすことすらままなりません。

しかし、時間だけは淡々と過ぎていってしまいます。

前向きな言葉を自分に投げかけることで、「よしやってみよう!」となるものです。

パーソナルトレーニングを受けるメリットはトレーナーがお客様を見て「どうすればやれるのか?」を判断してくれることです。

まずはやってみよう、と思う人は全力で応援します。


名古屋では当店だけの「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

 

コメントは受け付けていません。