下半身ダイエットはヒップアップから始めると失敗しません!

こんにちは。名古屋の美脚・下半身ダイエット専門の佐藤伸哉です。

スキニージーンズを履くためにはただ細いだけでなく、女性らしいボディラインが必要です。

女性らしいボディラインと言うと、くびれがあって程よく丸みを帯びたお尻などが象徴的ですよね。

ヒップアップを目指せば、多くの下半身の悩みの改善につながります。

ここで言う下半身の悩みというと

  • お尻を小さく、ヒップアップさせたい
  • 太ももを細くスッキリさせる
  • 上半身と下半身のバランスが悪い
  • ふくらはぎのむくみを解消する
  • O脚、X脚を改善し、脚のラインを整える
  • キレイな姿勢でかっこよく歩きたい

といったところです。

特に現代人は普段運動不足です。

昔に比べて座る時間が圧倒的に増えているので、お尻の筋肉を動かすことはとても重要です。

加えてお伝えしておきたいのですが、お尻の筋トレは効果が早く出やすい部分でもあります。

トレーニングで成果を出すためには何といっても「継続」が大事なのでそのためにも

効果が目に見えてわかりやすいと言うのはモチベーションを保つためには非常に重要だったりします。

例えば一か月でもこれくらいの変化を出すことは可能だったります。

 

何故ヒップアップの効果は早く出やすいの?

股関節は英語で言うと「Hip Joint」。つまりお尻は股関節の関節周囲のことでもあります。

人間の体の中でも、骨盤と股関節周りは広い範囲です。

大きい筋肉や関節を動かすわけですから、変化も感じやすいのです。

人間の体の中でも、骨盤と股関節周りで全身の約3分の1の範囲。 変化を感じやすいところから始めることでモチベーションを保っていただいています。

 

足の指や、体幹も大事なのは間違いないですが目に見えた変化が出てからでも遅くはありません。

トレーニングが長続きしない理由として「効果があるのかどうかわからない」というのも自己流のトレーニングで出てしまう不安です。

普段は意識的に動かさない分、やっただけの効果が出やすいというのもお尻のトレーニングを優先的に行う理由の一つです。

お尻の筋肉が弱くなってしまうのは何故?

では何故お尻の筋力は弱くなってしまうのか?

理由は様々ですが、何と言っても現代人女性を取り巻く環境が大きいです。

一番の理由は椅子などに長く座る生活です。

意識して動かなければ、毎日のデスクワークや座り仕事で筋力は衰えていきます。

特に股関節の筋力が低下すると、太ももの骨を骨盤に引くつけることが出来なくなります。

膝が曲がった姿勢でもあるので、太ももの裏側や股関節の筋肉は縮こまり衰えます。

引き付ける力が無ければ、横に広がるしかありません。

それでも二本足で立っていられるのは、前ももや側面についている筋肉のおかげ。

その分、一部分の筋肉に負担がかかり、太ももが太くなるという現象が起こります。

ヒップアップをしたい人が同時に太ももの太さに悩みやすい理由でもあります。

また、お尻のインナーマッスルは長い時間座ると潰されてしまい本来の筋力を出すことが出来なくなります。

お尻の筋肉は座っていると上下から潰される環境にいる

とっても痩せている人や筋肉量の少ない高齢者の場合、「椅子にお尻の骨が当たるようなって痛い」という人もいます。

筋肉も脂肪も少ないとそうなるのもうなずけます。

潰されているということは、本来持っている縮む能力が失われるということ。

その為鍛える以前の問題で、正しく動かせるための運動や整体などが必要なこともあります。

加えて毎月の生理でもリラキシンホルモンの影響で骨盤の靭帯は緩むし、産前・産後となればさらに関節の歪みは悪化したまま定着します。

いろいろ厳しい状況に思えますが、実際に改善していただけた例はたくさんあります。

  • お尻でひっかかていたズボンがスムーズに入るようになった
  • むくみが楽になった
  • お尻が高い位置から出てくるようになった
  • O脚が閉じれるようになった

など、単にやせるだけでは感じにくい変化も、運動を同時に行っていけば可能です。

太ももが前に出っ張るのもお尻の筋力不足が原因

実は太ももが前に出っ張るのも、お尻が下がることと関係があります。

太ももの骨が骨盤に引き付けられない分、前ももの筋力でカバーしなくてはならないからです。

ヒップアップと同時に前ももへのでっぱり方も変化してくれます。

横からの変化では、ちょうど履いているハーフパンツの太ももの線が目安になってくれました。

スキニージーンズをキレイに履くためにも、前ももが張り過ぎているのもスッキリさせたいところです。

ヒップアップには主に二つの方針

①定期的な強い刺激の筋力トレーニングと、身体についての勉強、意識づけ

来店自体は週に1~2回くらいになるかもしれませんが、千里の道も一歩から。

「きっかけ作り」としてはとても重要です。

筋肉に力入るように整体を行ったり、体力や年齢に合わせてどのような運動が最適かを見極めてトレーニングメニューを組み立てていく必要があります。

②毎日の立つ、歩くをヒップアップの為に

日常生活の中でも、立ち方は特に重要です。

姿勢の変化は毎日10分程度の意識の積み重ねでしっかりと出てくれます。

最も基本的な動作ですし、膝や腰に痛みがあっても無理なく行えるので初心者に方にも安心して行っていただけます。

トレーニングの効果を感じる為には1~2ヶ月はかかります

では定期的なトレーニングと、普段の生活の中での意識づけでどれくらいの変化が出るのか?

そこで紹介するのがE様の例。

仕事や家庭の都合で2ヶ月間弱の間に6回の来店でしたが、これだけの変化が出てくれました。

トレーニングは1~2週間に一回と言うペースです。

画像をご覧の通り、姿勢が変化しお尻の高さも上がっています。

週に一回のトレーニングと言っても注意が必要で、急にやり過ぎると筋肉だけでなく関節にも負担がかかることがあります。

関節は骨と骨とをつなぐ部分なので靭帯に急に負荷がかかると切れてしまいます。背骨のクッションを果たす椎間板も急な負担には弱いです。

例えば猫背だった人が急に胸を張った良い姿勢になったとしたら、急に靭帯や椎間板に負担がかかることになりますし、筋肉の長さも変わります。

結果として辛く感じたり痛みとして感じてしまうこともあるので、やるなら少しずつが基本です。

変化と言っても理想的な姿勢に近づけることがほとんどなので一か月以上、時間をかけていけば問題ありません。

効果が定着するには3ヶ月が目安

効果が出始めるのは1か月後からが多いのですが、定着するとなるとやはり3ヶ月は時間をかけて欲しいところです。

そこで約3ヶ月、通った回数は8回目を数えるお客様のBeforeAfterの写真を撮らせて頂きました。

仕事の都合で2週間に1~2回ペースと来店は不規則ながらも写真で確認できるくらいには変化が出てくれました。

ちなみに、伸長152cmで体重はマイナス2kgの46.8kg。

週一回一時間の頑張りは突破口を開くに過ぎません。
それ以外の週167時間をどう過ごすかを習慣として身につける方が価値は高いと言えるでしょう。

 

美脚になるための第一歩はお尻を鍛えるところから!

そのためには自分の身体の状態を把握して何が突破口になるかをしっかりと見極めて欲しいと思います。


名古屋では当店だけの「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

 

コメントは受け付けていません。