美尻のためには「もも裏の筋肉」を鍛える!

こんにちは。パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です。

美尻やヒップアップのためには骨盤の傾き方や、姿勢の影響があると何度かブログでお話ししてきました。

今回は筋肉そのものを鍛えると良い理由についてお話しします。

「お尻と太もものさかい目が無い」

とお悩みの場合にはとても大切な内容です。

太もも裏側の筋肉はお尻に隠れている

まずはもも裏のトレーニングを頑張った結果の画像から。

もちろん先ほどの骨盤の傾き方や、姿勢の影響も改善させていますがもも裏の筋肉のトレーニングも相当やり込みました。

 

ヒップがしっかりと上がって、腰のすぐ下くらいから丸みを帯びたお尻が出来ています。

少し解説をしますと、太もも裏側の筋肉はお尻の筋肉の下に隠れてついています。

ヒップアップを目指すならお尻の筋トレだけでは足りません。

ご覧の通り、もも裏の筋肉は膝~お尻の真ん中らへんまでついていて長いのです。

その為色んな角度でトレーニングをしないとやり残しが出てしまいます。

 

椅子に座った状態が長く続いたり、運動不足が続くと太ももの裏側の筋肉は縮こまって硬くなりますし、その上発揮できる力そのものも弱くなってしまう。

その為、縮こまった筋肉を伸ばすストレッチはとても大切ですし、伸ばすだけでは筋力は鍛えられませんからトレーニングも同時進行でやる必要があります。

運動不足だったり、初心者向けであればヒップリフトがはじめやすいですし・・・。

上級者向けだと柔軟性を上げつつ、もも裏を鍛えるならデッドリフトと言うトレーニングがオススメです。

動画では「ルーマニアンデッドリフト やり方」と入れればたくさん出てきます。

 

まとめると

・ストレッチの時には出来るだけお尻の近くまで太ももの裏側を伸ばす。

・お尻の筋肉と、太もも裏側の筋肉はそれぞれ鍛える。

この2点を意識してトレーニングをしていくとバランス良く鍛えられます。

 

配布資料などでももも裏を鍛えるトレーニングは紹介していますので、興味がある方はぜひ見てみてくださいね。

無料で資料を手に入れることができます。
*メルマガの登録後、自動返信されたメールアドレスよりPDFのダウンロードリンクが送信されます。
https://88auto.biz/refit758/touroku/sp/entryform6.htm

 

体験のお問合せはこちら
名古屋では当店だけの
「下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

問い合わせフォーム青


お客様向けの無料メールマガジンについて

下半身ダイエットやO脚改善に必要なトレーニング、
ダイエットなどについて日常生活でも役に立つ方法を知りたい人向けです。

既に当店に通っているお客様にもおすすめで、
「ああ、そういえば佐藤さんこんなこと言っていたな」
と言うのを思い出していただけると思います。

自分の脚が好きになる!ワンサイズダウンできる下半身ダイエット 無料メール講座
https://88auto.biz/refit758/touroku/sp/entryform6.htm

コメントは受け付けていません。