知らなきゃ損!立っているだけで太ももが3つの理由

名古屋市栄のパーソナルトレーニングジム リフィットの佐藤です。

特に運動をしていなくても太ももが太いのであれば、普段の立ち姿勢にその理由が隠されていることがあります。

痩せたのに脚だけ変わらない、下半身がスッキリしないとお悩みであれば最後までお読みください。

1:太ももに寄りかかるように立っているから

まずこちらの写真。

横から見た姿勢なのですが、みぞおちよりも前に太ももが出ています。太ももが前に出ないように改善した後は骨盤をやや前に傾けた角度で安定させています。

これは上半身の重さを太ももに寄りかかるように受け止めているからですね。改善のためには骨盤を安定させる(実際には動きやすいです)ようにトレーニングをしました。


このように、猫背または骨盤が前にスライドした形だと立っているだけで太ももの筋肉で受け止めるのが当たり前なのでピラティスや体幹トレーニングなどで背骨の柔軟性と骨盤の位置を安定させる必要があります。

2:股関節の筋力不足だから

 

続いてこちらは股関節の筋力不足で、大転子も外に広がっているパターンです。

太ももの骨を骨盤側に引きつける筋力が不足している(出にくくなっている)ため、ヒップも平坦になりやすいのも特徴です。


改善のためには、ピラティスや筋力トレーニングで股関節回りの筋力を徹底的に上げていく必要があります。

3:膝を伸ばし過ぎているから

 

良い姿勢を意識するあまり、膝を「ガシッ」と伸ばす様に立つ癖がある人もいます。また生まれつき膝関節が柔らかく、膝が弓なりになるくらい反って立っても痛みも何にも感じない人もいます。

意識をしている、していないにかかわらず、膝関節を思いっきり伸ばすと前ももの筋肉が緊張しますからいわゆる筋肉太りを起こしやすい状態です。

下腹ポッコリになりやすい人も前重心になりやすいので、姿勢に気をつけるだけで2つの嫌な状態を作っているとも言えます。

改善のためには前もものストレッチする習慣を身につけて膝を伸ばしすないように意識することですが、特殊なやり方だと膝関節を反射的に安定させる「バランスシューズ」のトレーニングを行うのも良いです。

一つ一つの筋肉を鍛えたり伸ばしたりも良いのですが、日常生活でも関節を歪ませない様に使うトレーニングもしておくとより効果的です。

一番の近道はほぐすべきところはほぐして、鍛えるべきところは鍛える!の組み合わせです。

立ち方の意識を変える切っ掛けをつかんで、日常生活でのマイナスを減らして行きましょう!

 

LINEでのお問い合わせも受けてけています!
気になる方はお気軽にメッセージやHPより体験のお申込をしてくださいね!!

友だち追加

お得に足やせトレーニングをはじめたい方のために、オンライントレーニングをはじめ、体験トレーニングとモニタープランをご用意しています。

問い合わせはお気軽に!!


体験レッスンの内容・詳細を確認してから申し込みたい方は、こちらをクリック↓↓↓↓

モニタートレーニングに興味がある方は、こちらの詳細をご確認ください↓↓

11月2名様限定募集下半身ダイエットモニター

体験レッスンでは、無理な勧誘・営業は一切しないことを、お約束いたします。

遠方の方はオンラインでもパーソナルトレーニングを受け付けています。

オンラインで自宅脚やせパーソナルトレーニング