太ももが太くなってしまう姿勢はコレだ!!

こんにちは。名古屋栄のO脚改善・下半身ダイエット専門パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です。

今回は「太ももが太くなってしまう姿勢」について。

  • 上半身は痩せているのに、太ももはご立派・・・
  • トレーニングを頑張っているのに太ももだけが痩せない
  • 特別に運動はしていないのに、太ももが前や横に大きく張り出している

と言う方には是非読んでいただきたい内容です。

「猫背」の人は太ももが細くなりにくい

まず「猫背」の人はマッサージやストレッチを頑張っても太ももが細くなりにくいです。

何故かと言うと、猫背の人は立っていると太ももに体重が集中しやすいからです。

もう少し言うと、上半身の重さを支える筋力が骨盤周りや体幹に少ないせいで、下半身でも大きい筋肉である「大腿四頭筋」が常に頑張らないといけない状態となっています。

当店にご来店されるお客様でも、猫背で太もも痩せをしたいとお悩みの場合は常に「むくみ」や「だるさ」にも悩まされています。

「反り腰」の人は股関節の筋力低下が間接的に太ももを太くさせている

では猫背に対して反り腰はどうか?実は反り腰も太ももを太くさせやすい条件が揃っています。

ダイレクトに太ももに体重がかかるわけではないのですが、反り腰は骨盤が前に倒れた状態になるので構造上股関節が内側に捻じれやすくなります。

股関節が内側に捻じれた状態のデメリットの解説と改善方法はコチラです。また参考にしてください。

合わせ技で効果倍増!!O脚改善とヒップのサイズダウンに効くストレッチとトレーニング

股関節が内側に捻じれた状態を内旋と言うのですが、股関節が内旋するとお尻の筋肉(特に横側)に力が入りにくくなるため、太ももや膝の力で横揺れを抑える必要が出てきます。横揺れは歩く時にでてくるので歩くと太ももへの負担が大きくなります。

膝が曲がりやすいか、伸ばしっぱなしが楽かは人によるのですが、反り腰が間接的に太ももの負担を増やしている状況です。

じゃあちょうどいい姿勢は?

ちょうど良い姿勢は、「頭・肩・腰・膝・くるぶしが一直線上に並んだ姿勢」とされています。

この姿勢が取れると立っていても、全身の力を抜くことが出来るくらい楽です。
歩く時も太もも・お尻・ふくらはぎ・足の指全体が使えるようになって軽く感じます。

実は良い姿勢をであることは、楽に立てる・歩けることと同じなんですね。

理想的な姿勢を維持することは現実問題としてはかなり困難です。僕も体育大学の授業では「理想的な姿勢はあるけど現実的にはいません」と習いましたし、トレーナー仲間の間でもこの意見に反対する人に会ったことはありません。

ですので、理想的に近づけることが大切なのは間違いないでしょう。

当店のお客様でも良い姿勢の為のストレッチやトレーニング、常日頃意識していただくと足の疲れや浮腫みが楽になって、タイトだったズボンが緩くなってくることはよくあります。

まとめ

ここまでをまとめますと

理想的な姿勢は、体重を全身に分散させる⇒太ももだけが太くなることがない。

歪んだ姿勢は、体重を一部に集中させる⇒太ももだけに負担が掛かって太くなる。

こう考えてほぼ間違いないですね。

なので「姿勢が大事なんだな」と言うことは理解してほしいです。

ただし、「理解している」と「行動している」の差は100倍ありますから、良い姿勢になるための行動をどんどんしてもらって楽に立てる感覚を試行錯誤しながら身につけて欲しいです。

太もも痩せをしたくてもマッサージや筋トレを頑張っていてもなぜか結果が出ない・・・。

そんな場合は姿勢のチェックから始めてみると良いですよ。

名古屋では当店だけの「子連れでもOKの下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

コメントは受け付けていません。