体重マイナス2キロで足首を細くさせるポイントは?

こんにちは。名古屋栄のO脚改善・下半身ダイエット専門パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です。

今回ご紹介するのは「体重マイナス2キロで足首痩せとふくらはぎ痩せをさせる方法」です。

まずは成果をご紹介しますね~。

【後ろ姿全体】全体的に締まってきてヒップも上がりました。

体重の変化は厳密にはマイナス1.8kg。

減ったもの全てが脂肪とは限りませんが、それでも見た目は変わってくれます。

【ふくらはぎ~足首】拡大して見てみると・・・。

足首の浮腫みが無くなって、ふくらはぎ全体が細くなってくれました。

このお客様は身長が155cmなので、1.8kg減っただけでもかなり見た目に変化が出ました。

こうやって後ろ姿と写真を撮って見比べると結構違うものです。

 

では具体的に行ったことですが主に2点。

  1. 食事はしっかりと食べる
  2. 運動は毎日やる

すごく当たり前で地味なことですがこれに尽きます。

これで終わってしまうのも面白くないので、もう少し深堀りしていきます。

食事は「しっかり」のしっかりって?

「バランスの良い食事」ってよく聞きますよね。

実はバランスの取れた食事と言うのは結果論であって、なりたい身体に合わせて内容を変化させないと人間の体はなかなか変わりません。

今回のお客様は元々甘い飲み物が好きで、太りやすい糖質を無自覚の内にたくさん摂っているパターンでした。

そう、「何とかフラペチーノ」とか「タピオカミルクティー」とかです(笑)

さすがいらすとや、仕事が早い・・・。

飲み物の糖分は唾液と混ざることなく一気に吸収され、血糖値を上げます。血糖値が上がれば脂肪を作らせるホルモンのインスリンが出ます。つまり液体の糖分はそれだけでも太ると考えてOKです。

そこで、まずは米やパンを食べてもらうことにしました。余計な甘いものを食べたくなる理由は栄養が足りないからなのです。

栄養を取らないと体についている体脂肪をエネルギーに変えて燃やすことはできません。だからこそ「しっかり」食べてもらいました。

ただし食べ過ぎれば同じく血糖値を上げ過ぎてしまうので「毎食100gのご飯」と決めてもらいました。最初は少ないと感じますが、3日もすれば慣れます。

これにプラスして肉や魚、卵は毎食入れる。調理方法は小麦粉などの糖質が追加されない蒸す・煮るが基本です。食材選びは良くても調理方法で太る食事にもなるので大事です。

運動は毎日が基本

運動と言ってもお客様に行っていただいたのは「骨格の歪みを正す為の運動」です。

これが「筋肉をつけて代謝を上げていく為の運動(筋トレ)」だと毎日よりは週2~3回と休みを計画的に入れた方が良いのは間違いないです。要は目的によって毎日やるべきか、やり過ぎに注意するかは変わると言うことです。

「骨格の歪みを正す運動」でも、運動をした翌日に余程筋肉痛が酷くなければ毎日やる方が間違いなく効果が出ます。

運動の具体的な内容はこの記事がお薦めです。

自宅で出来る!ヒップアップとO脚改善の為のエクササイズ7選

ふくらはぎ痩せを重視したいならコチラです。

ふくらはぎ痩せ、外反拇趾の矯正に効く足指トレーニング法

継続が何よりも大事

今の自分の体は、今までどう過ごしたかの結果です。

ふくらはぎ痩せに限らず、ヒップアップやO脚改善、ダイエットは毎日に積み重ねの結果次第。

最初はしんどいかもしれませんが、少しでも変わっていけば必ず自信の源になってくれます。

諦めなければちゃんと結果はついてくるので、まずは始めてみて欲しいと思います!!

頑張るアナタを応援します(^^)!!

名古屋では当店だけの「子連れでもOKの下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

コメントは受け付けていません。