ふくらはぎ痩せ、外反拇趾の矯正に効く足指トレーニング法

こんにちは。名古屋栄の美脚・下半身ダイエット専門パーソナルトレーナーの佐藤伸哉です。

今回は「ふくらはぎ痩せ、外反拇趾の矯正に効く足指トレーニング法」についてご紹介します。

足の指の筋肉はふくらはぎのインナーマッスル

ふくらはぎ痩せと外反拇趾の矯正のためには「足指を鍛える」が共通点です。

なぜ足指を鍛えることでそんなことができるのか簡単に解説していきます。

ふくらはぎ痩せに効く理由

ふくらはぎが「浮腫み」や筋肉でパンパンになっているのなら、ふくらはぎのインナーマッスルである足指の筋肉が使えていない可能性があります。

アウターマッスルばかりが使われてしまうと、外見上目立つ筋肉が大きくなるだけでなく、ふくらはぎを通る血管を締め付けることにもなってしまいます。

極端な例ですがエコノミー症候群などもむくみが酷くなって、血流が悪化してしまうと言う意味では同じです。

またふくらはぎの脂肪を落とす為にも血流は良くしておくことは大切です。

外反拇趾改善に効く理由

外反拇趾は自分から見て親指が体の外側に大きく曲がってしまうことを言います。

主な原因は足の土踏まず(アーチ)を支える筋肉が弱くなってしまうから。

この筋肉は足指を動かす筋肉でもあるので

「ふくらはぎが浮腫む・太い⇒外反拇趾が悪化しやすくなる」

と言った悪循環につながってしまいます。

また、アーチが崩れると一番下の土台が崩れることになるので、全身の関節まで影響がでます。外反拇趾だけでなくO脚を悪化させてしまうことも・・・。

何故足指の筋力は低下するの?

admin-ajax

ぶ厚いソックスや靴に守られている「足裏・足指」の運動不足が原因です。

靴は石やゴミなどでのケガから足裏を守ってくれる一方、足裏の危機察知能力を低下させてしまう側面もあります。

運動不足であれば、本来の動きや感覚は失われてしまうため運動で補ってあげることで初めて改善が可能となります。

あなたは足指でジャンケンできますか?

 

filename-443

  • ダイエットをしても下半身が痩せない!
  • O脚がひどくてスキニーのジーンズが履けない
  • ふくらはぎのむくみが酷い
  • 外反母趾になっている

そんな下半身ダイエットをする上で、大きな助けになるのが「足裏・足指のトレーニング」です。 

女性にとってファッションはとても大切です

ですが、

ハイヒールであったり、少々サイズが合わなくても「かわいいから」と我慢して履いていたりする方も多く見てきました。

また、スニーカーなどと違って、女性がはく靴はS、M、Lサイズなど非常に大雑把にサイズ分けされているため、

「選ぶ環境が整っていない」

というのも大きいかもしれません。

それでも地道に努力を続ければ改善は可能です。

現代だからこそ、足本来の動きを取り戻す必要があります

全身の骨の数は約200個ですが、足首から下の骨は両足で58個です。

足には全身の4分の1の骨が集まっていることから、足の重要性がご理解いただけると思います。

足の裏の筋肉をしっかりと目覚めさせることで、骨格のバランスが整い始め、お尻の筋肉がしっかりふくらはぎのむくみが解消し、ヒップアップにもつながります。

名古屋では当店だけの「子連れでもOKの下半身ダイエット専門パーソナルトレーニング」

 

コメントは受け付けていません。